2009年09月30日

流行っているようで流行っていないカーシェアリング

流行っているようで流行っていないカーシェアリング

 今朝のニュースでカーシェアリングについて報道がありました。
 i-shareという会社が東京・神奈川のコンビニ5店舗でカーシェアリングを始めるというもの。
 エコカー減税が大々的に拡充される前は自動車の販売台数も下がってきているという報道もあったし、日本全体がなんとなく自動車から離れていっているような感じを受ける。
 報道で示されたグラフも2008年に入ってから急激に伸びているし、これはカーシェアリングの時代が来たんだ!と勘違いする人も沢山出てくるだろう。

 しかし、ちょっと待てよ。
 カーシェアリングの会員数はまだ5000人ぐらいなんだぞ。
 それに対して自動車の保有台数は6000万台。
 おいおい。全然単位が違うじゃないか。

 そこでどうしてカーシェアリングが伸びないか予想してみた。


①カーシェアリングの車を置いてある場所が遠い。

②料金体系が複雑で車を所有しているときと比べて安いのか高いのかわからない。

③車のパーツとかを変更したり、内装を変えたりして所有欲を満たせない。

④カーシェアリングを知らない。

⑤ちょい乗り程度なら電車&タクシーで十分。

⑥今持っている車検がまだ残っている。

 私はカーシェアリングを普及させたい側なんで、これらの理由を解消するための方策を考えてみる。

①カーシェアリングの車を置いてある場所が遠い。

 →カーシェアリングを使う必要がない。

②料金体系が複雑で車を所有しているときと比べて安いのか高いのかわからない。

 →駅やバス停が近く似なくて頻繁に使う人なら車を所有していた方が10年単位の長期で見れば安い。

③車のパーツとかを変更したり、内装を変えたりして所有欲を満たせない。

 →そういう人は車を買うべき。

④カーシェアリングを知らない。

 →ここで知ったから問題ない。

⑤ちょい乗り程度なら電車&タクシーで十分。

 →私もそう思うけど、ときどき車が必要になることもある。そういうときにカーシェアリングは便利。

⑥今持っている車検がまだ残っている。

 →車検が残っているうちに車を売ったほうがいい。買い取り価格がその分高くなる。


 結論はと言えば、カーシェアリングは毎日車を少しだけ(30分とか1時間とか)使いたいときに便利。例えば、子供の送り迎えとか、ショッピングセンターにお買い物とか。

 レジャーで半日とか一日になるのであれば、レンタカーが便利だし、安い。

 毎日、長距離乗るのであれば所有したほうがいい。

 という結論になる。
 1台目は普通に買って、2台目はカーシェアリングで使うという方法もいいかもしれない。
 いずれにしろカーシェアリングはすごく便利なものではなく、移動手段の1つだと考えて上手に取り入れていく方がいい。
 特に子供を育て終わっていたりして車の使い道が休みの日しかなかったり、使っても少しだけだったりするのなら、カーシェアリングで十分だと思う。
 カーシェアリングにすれば、駐車場代・保険代・ガソリン代・車検代・税金を気にする必要がなくなるところもメリットだ。都心部にいる方は上記の代金だけでも年間50万円は行くだろうと思う。ここに車両価格が加わればカーシェアリングにする意味も見えてくるような気がする。

2009年09月27日

Plaggerインストール後にエラー

Plagger使っていろいろしようと思ってUbuntuをVirtualBoxにインストールしました。
そして、Plaggerをインストールしたのですが、Debian用パッケージだったため、ダミーパッケージを追加する必要があることに気がつかず、時間がかかり、Plaggerのパッケージをインストールした後も下記のエラーが発生。
これを解決するのが大変でした。

plagger.jpg

インストールがうまくいっていないようなのでXML系のパッケージをインストールしました。

しかし、解決しない。

フォルダを良く見てみるとどうやらRSS.pmがさらに下のFormatフォルダにコピーされていて、読みこめていない様子。
とりあえず、

cd /usr/share/perl5/XML/Feed/Format
sudo cp RSS.pm ../

を実行して動作するようになりました。

Plagger、噂にたがわずインストールが難しいですね。

VirtualPC vs VirtuaBoxl

新しいパソコンを買ったので仮想マシン上に何か作ろうと思いました。

やっぱりUbuntuを使うとPlaggerが設定しやすいので、Ubuntu9をダウンロードしました。

で、使い慣れたVirtualPC2007をインストールして使おうと思ったのですが、インストール時にVistaHomeには対応していないと出ます。それでもインストールは終了するので、Ubuntuをインストールしましたが、どうしてもインストーラーが起動する前にフリーズします。

原因を調べていると、原因自体はわからなかったのですが、「VirtualBox」というSunが出しているオープンソースの仮想マシンがある様子。そちらならWindowsVistaHomeでも大丈夫だし、UbuntuというかLinuxをサポートしている仮想マシンのようです。

さっそくダウンロードしてインストール。

使い心地はVirtualPCとあまり変わりません。WEB上の評判によればVirtualPCよりも早いらしいです。

現在Ubuntuをインストールしていますが、ちゃんとインストーラーも起動してインストールできるようです。

良かったよかった。

設定が終ったらPlaggerをインストールしようと思います。

2009年09月12日

MySQLのrootのパスをリセットする

新しいパソコンを買ってxamppをインストールしました。
で、LAMP用アプリケーションのソースを移動させて動作させたところ、下記のエラーが・・・

Fatal error: Call to undefined method DB_Error::query()

PEAR/DBもインストール済みだし、phpMySQLAdminも起動する。
いろいろ試したところ、本当はDBに接続できないことが判明。

どうやらmysqlのrootのパスワードが違っているみたいです。
で、rootのパスワードを設定しなおそうと思ったら、今度はrootのパスワードがわからなくなってしまいました。

rootのパスワードをクリアーしたくてWEBを探していると以下のコマンドを発見。
実行してrootのパスワードを設定しなおして正常に動作しました。


1. MySQLのデーモンプロセスを停止する
2. --skip-grant-tables オプションをつけてmysqldを再起動
3. mysql -u root でMySQLクライアント立ち上げ
4. UPDATE mysql.user SET password=PASSWORD('password') WHERE user='root';
5. FLUSH PRIVILEGES; の実行

2009年09月08日

パソコン買いました! Aspire Timeline AS3810T-S22

 5年間使ったノートパソコン(NEC LavieRX)がIQRLエラーを出すようになってしまいました。
 色々外しながらいじってみましたが、Windowsを動作させていると必ず出てしまいます。
 1400x1024という高解像度の画面が大のお気に入りだったのですが、壊れてしまい残念です。

 で、ノートパソコンがないと生活に支障が出るのですぐに新しいものを買いました。
前々から何を買おうかと考えていたのですが、Windows7が出るまで待っていようと思って我慢してました。

 で、いくつか候補がありましたが、最近になって気になったものを買うことに。

 Aspire Timelineというシリーズなのですが、これがバッテリーが8時間も持つ上に、すっごい薄型で格好いいのですよ。
 ヨドバシカメラに行って実機も見てタイピングもしてきたのですが、バイオなんかのキーボードと比べると格段に打ちやすいです。
 重さも1.6kgと軽くはないですが、持ち歩くのにそんなに支障がでないレベル。
NetBookとは違ってCore2プロセッサを積んでいるので速度的にも問題なさそうです。

 買って翌々日には届いたのですが、VISTAでも全然もっさりしない操作感にびっくり。薄くて軽くてバッテリー長持ちというノートパソコンは大体が20万円以上する中で、この価格は破格だと思いました。

 私が前に気に入っていたパソコンの解像度には劣りますが、1366x768という解像度も中々良いです。
 これからメインのパソコンとしてバリバリ使っていく予定です。

 あ、ちなみに古いパソコンにUbuntu9.0を入れたら使えるようになりました。
 こっちは簡易サーバーとしてPHPで組んだプログラムのタスク処理に使おうと思います。Plaggerも試してみたいしね。