2011年02月03日

インターネットはゴミ世界

インターネットはゴミだらけになった。Googleはゴミの中から価値のあるゴミを拾い出すスカベンジャーに成り下がった。facebookはなるべくゴミを捨てない人たちを集めたが5億人も集めたらゴミを捨てる人しかいなくなった。

有識者は新しい枠でゴミを捨てない人たちを集めようとするが、結局ゴミを捨てる人たちが蹂躙していくこととなった。ゴミの山が出来るたびにゴミじゃない思い出も捨てながら引越しを繰り返す日々。あるとき、人々は気がつくのだ。

「なぜゴミを分別するためにコストを支払わなければならないのだ?」すべての情報はタダであるべきだが、ゴミ情報はタダどころかコストが掛かる。ゴミを捨てる奴はゴミだ。そんな思想の元、有識者はゴミ分別作戦を始める。

未来に起こるのは、「情報革命」と言う名の大粛清。今のうちにゴミ情報を生成しないスキルを身につけるしかない。

と言う話は冗談だが、このゴミが蓄積しない技術という点に着目すると「Twitter」は良く出来ている。ゴミじゃない思い出も捨てちゃうけど、ゴミが溜まらないから居場所はいつも「薄汚れている」ぐらいですんでいる。他が「バイキンマンもびっくりな汚さ」になっていくのに。

Recent Entries

  1. インターネットはゴミ世界