2014年04月16日

TOKYO HUBの紹介記事を読んで思うこと

東大卒の人がTOKYO HUBというコワーキングスペースを立ち上げたという記事を読んで、「HUBで人脈ができる」というポイントに魅力を感じた。

だがよくよく考えてみると、私は人脈に何を期待しているのだろうか。
自分が持っていないスキルを期待しているのだろうか。
それとも強烈なカリスマ性を発揮して、私をやる気にさせる人を求めているのだろうか。
お金を出してくれるエンジェルと知り合うことを期待しているのだろうか。

いずれも違うと思う。

私は起業家を目指しているが、起業するにあたって自分ができないスキルを他人に期待するのは間違っていると考えている。
なぜなら誰かが居ないと進まないなら起業するリスクが高過ぎるからだ。
特にレアなスキルであればあるほどリスクは高まっていく。

一例を上げると、「キャラクター」をデザインしてくれる人がいて、その人がデザインしたキャラクターに依存してしまった場合、そのキャラクターを描ける人がいなくなると、軌道修正が必要になる。キャラクターが独特なタッチで描かれていたら目も当てられない。
別の例では、特殊な金属加工技術を持った職人に依存した商品を企画した場合、職人が交通事故で死んでしまったら途中で頓挫することは間違いない。

当然、これらのリスクは避けられないものと避けられるものがある。
上の例で言えば、前者は確実に避けられる。キャラクターは起業段階で取り替えられるものにしておくことは可能だからだ。
後者は避けられる状況にするまで時間がかかる。つまり起業段階では避けられないリスクに分類される。

こういうことを考えると、私がHUBに求めている人脈というのは起業に必要な何か(スキルやお金)ではなく、起業を加速させる何かということになる。

例えば、私は日本語圏以外でビジネスをするノウハウがない。だからマーケットが必然的に小さくなる。するとスタートダッシュを決めるための条件が厳しくなる。だが、日本語圏以外のビジネスを行うノウハウを持った人とHUBで知りあえば、マーケットが広くなる。スタートダッシュを決める条件が緩和される。起業したときのリスクがかなり低く抑えることが可能だ。

人脈がないと起業できないと考えてしまいがちだけど、人脈に頼った起業はリスクが高すぎる。
そんなことを再確認した記事でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(LICALD にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form