2015年06月23日

議論を勘違いする人たち

議論を語る前に「良い教育」について考えてみよう。理想的な良い教育を受けた人を想定する。その人はとても頭がいいだろうし、宗教的な倫理観も持ち合わせているだろうし、利己的ではなく利他的な行動を取ることが多いだろう。

それらのすべては「敵を増やさず、味方を増やす」ために行われる。人間が社会的動物である以上、自分の所属するコミュニティに多くの人間を引き入れてコミュニティの寿命を出来るだけ長くすることが目的だからだ。

(本論とずれるがコミュニティの寿命を長くすることで知財・財産の継承をスムーズにしたり、傑出した人物を輩出する可能性を高くしたり、色々な面でメリットを得ることができる)

つまり「良い教育」とは「敵を増やさず、味方を増やす」行動様式を身につけさせることだと思う。

このことを踏まえて「良い教育」を受けた者同士の議論を考える。最初は「正」と「反」の意見を持つが最後には「合」という状態に至り新しい「正」を形成する。

もう少し砕けて書くと、「議論した結果、味方が増える」のが理想と言える。

そこで巷で話題の「論破」を考えてみると、口論の結果、まず「合」の状態に至らない。次に敵が増える。つまり、「論破」というのは議論の終了の宣言であり、議論が新しい結論に至らず途中で終了してしまうことを示している。つまり、無駄な議論をした上に新しい敵を作ってしまっているのだ。

ちなみに論拠が曖昧な場合に使われる「論破」は、「論外」であり、議論するまでもないことである。

結論有りきの議論というのは「お芝居」であり、シナリオを読み上げているに過ぎない。

論破、論外、結論有りきというのは、時間の無駄ということである。

どちらかの立場を優位にするために行われる話し合いは「交渉」と呼ぶし、相手の意図を曲解したり、意図の伝え方を攻撃するのは議論とは呼ばない。

「良い教育」を受けていない人たちの議論は、新しい結論に至るという目的を忘れ、人格を攻撃したり、相手の意図を曲解して揚げ足を取ったり、自分の意見を買えず相手に飲ませようとする(そんなことが出来るわけないのに)

それでいて相手が議論をやめると「勝った!」と喜ぶ。そんな議論に勝者は誰も居ない。議論の前と後で変化があったのはお互いの間にできた理解を妨げる深い溝である。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(LICALD にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form