2014年03月24日

(加速度センサーメモ)

Androidには加速度センサーがついている。
いろいろな使い方が考えられるが、Androidを投げることによって大体の高さを計測するアプリとか作ることが可能だ。
Androidを投げると論理上は頂点で加速度が限りなく「ゼロ」に近くなる。投げた時の加速度と重力と釣り合うからだ。
投げ始めから、加速度がゼロに近くなるまでの時間を図ることで、高度を計測できるという仕組みだ。

すでにgoogle playにはそういうアプリが掲載されている。

S.M.T.H.
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.carrotpop.www.smth&hl=ja


ただし、加速度センサーで取得できる値は色々な値の合成で出来ている。
以下が代表的なもの。

1)重力
2)回転による遠心力
3)移動による加速

この中でほしいのは、1)重力と3)移動による加速である。この2つがちょうど釣り合うような値になれば、一番上に来たという判定ができる。
なので、回転による遠心力は除かなければならない。

いろいろ調べてみるもなかなか難しい……。
移動を伴わない回転の場合、重力+回転になるので、最大と最小を計測できればどのような回転をしているのかわかる。
移動を伴う回転の場合、自分の位置がどこにあるかという計算をしなければならない。つまり、上に投げた場合は投げ始めから○○秒経過したから移動による加速はこれぐらいで……という予測が必要になる。
うーん、難しすぎてあかん。せめてジャイロセンサーと併用で計算しなければ……

2014年03月19日

(Android開発メモ)

enchant.jsを使ったアプリなら大抵のものは作れるようになった俺。

ふと思いついたアプリを作ってみようといろいろ調べ始めるも
どうやらenchant.jsではカメラ機能を使えないようだ。

というか、javascriptからのアクセスはどのブラウザでも使えないらしい。

ということでAndroidのネイティブアプリ(と言ってもJava)を
つくろうと思う。


(このとき俺はあまたの困難にぶち当たろうとは予想すらしていなかった)

Recent Entries

  1. (加速度センサーメモ)
  2. (Android開発メモ)