2014年04月16日

TOKYO HUBの紹介記事を読んで思うこと

東大卒の人がTOKYO HUBというコワーキングスペースを立ち上げたという記事を読んで、「HUBで人脈ができる」というポイントに魅力を感じた。

だがよくよく考えてみると、私は人脈に何を期待しているのだろうか。
自分が持っていないスキルを期待しているのだろうか。
それとも強烈なカリスマ性を発揮して、私をやる気にさせる人を求めているのだろうか。
お金を出してくれるエンジェルと知り合うことを期待しているのだろうか。

いずれも違うと思う。

私は起業家を目指しているが、起業するにあたって自分ができないスキルを他人に期待するのは間違っていると考えている。
なぜなら誰かが居ないと進まないなら起業するリスクが高過ぎるからだ。
特にレアなスキルであればあるほどリスクは高まっていく。

一例を上げると、「キャラクター」をデザインしてくれる人がいて、その人がデザインしたキャラクターに依存してしまった場合、そのキャラクターを描ける人がいなくなると、軌道修正が必要になる。キャラクターが独特なタッチで描かれていたら目も当てられない。
別の例では、特殊な金属加工技術を持った職人に依存した商品を企画した場合、職人が交通事故で死んでしまったら途中で頓挫することは間違いない。

当然、これらのリスクは避けられないものと避けられるものがある。
上の例で言えば、前者は確実に避けられる。キャラクターは起業段階で取り替えられるものにしておくことは可能だからだ。
後者は避けられる状況にするまで時間がかかる。つまり起業段階では避けられないリスクに分類される。

こういうことを考えると、私がHUBに求めている人脈というのは起業に必要な何か(スキルやお金)ではなく、起業を加速させる何かということになる。

例えば、私は日本語圏以外でビジネスをするノウハウがない。だからマーケットが必然的に小さくなる。するとスタートダッシュを決めるための条件が厳しくなる。だが、日本語圏以外のビジネスを行うノウハウを持った人とHUBで知りあえば、マーケットが広くなる。スタートダッシュを決める条件が緩和される。起業したときのリスクがかなり低く抑えることが可能だ。

人脈がないと起業できないと考えてしまいがちだけど、人脈に頼った起業はリスクが高すぎる。
そんなことを再確認した記事でした。

2014年03月14日

在宅勤務の必要性

 ちょっと前に在宅勤務についてYahoo!のCEOマリッサ・メイヤーさんが否定的な発言をして、SNS界隈で議論が巻き起こりました。
 私自身は在宅勤務肯定派です。
 特に日本の大都市では通勤にかかる時間が長いわりには、在宅勤務でも問題ないような仕事の内容がほとんどのためです。

 片道1時間かけるぐらいなら、家でお仕事していたほうが、社会全体で見たらかなり生産的です。
 1時間移動するということは単純に生産に使える時間を奪われるだけではなく、そこまでの移動にかかるエネルギーを消費していることになるからです。何も生産しない時間が2時間増えるわけで、これに労働人口5548万人をかけ合わせると毎日37946年以上の労働力を捨てている計算になります。
 これだけなくなっていることを考えると捨てている時間だけですごい社会貢献活動ができるんじゃないかって思います。あまつさえ世界全体はもっとすごいことになりそうです。

 でもに問題なのが、自宅にいた場合、そこでかかるエネルギー消費が会社で人が集まっているきと比べて大きいことです。特に単身世帯はその差が顕著です。
 じゃあ近くにシェアオフィスを作れば・・・ということを考え始めると、在宅勤務のほうがエネルギー消費が大きくなってしまいそうです。

 家でも会社でも変わらぬパフォーマンスを実現することはそう難しくありません。私は仕事の効率化の話は論点がずれていると思います。
 在宅勤務が必要な理由としては単に移動時間の問題だけだと思います。
 突き詰めて考えると、会社の近くに自宅があればそれで済むのです。
 今は交通手段が発達していますので、逆に会社と自宅との距離が離れてしまいました。昔は会社まで歩いて40分以内の徒歩圏内に自宅を構えることが普通だったようです。
 ただ雇用流動化という意味ではこれは最悪です。転職できる業態の会社が集まっていればよいですが、そうなっていない場合、そう簡単に転職ができません。雇用流動化が進まない場合、労働者は会社を離れることができなくなり、それが原因で権利の侵害があっても我慢しなければならなくなります。
 その点、会社の近くにすまなかったとしても在宅勤務なら会社に通勤する必要がなく、転職が容易になります。雇用流動化を促進するためには、労働力の地域性を取り払う必要があるのではないかと思います。

2014年03月13日

見ていて楽しい就業規則

 日経ビジネスオンラインで旅館の社長の話を読んだのだが、その中で「就業規則」について言及があった。

旅館を2軒にしたら現場に“軋み”が 南房総で旅館を経営する「ろくや」の渡邉丈宏社長(前編)


 就業規則はどの会社も似たようなものばかりだなと思っていたら基本的には法律に準拠しているだけで、各会社のオリジナリティは皆無らしい。確かにその通りだ。
 上記の記事の社長はそこに疑問を持った。
 この就業規則を見ていても「やる気」がでないと思ったようだ。

 言い換えれば「やる気の出る就業規則にしよう」と思ったのだろう。

 この「やる気の出る就業規則」というのは、かなりの衝撃を受けた。
 確かに就業規則であれば全社員が目を通すし、そこにやる気のでる仕組みが書いてあったら、効率的なことは間違いない。

 すぐに会社をつくろうと思ってはいないけど、会社を作ることになったら就業規則に「やる気のでる仕組み」を埋め込んでおこうと思う。