2008年11月11日

Oracle

Microsoft SQL Serverと格闘していましたが、これからはOracle Databaseと格闘することになりそうです。

Oracleにもフリー版が存在しています。

しかし、SQL Serverと評判を比べてみると天地ぐらいの差があります。

Oracle触ったことないですが、フリー版で試してみたいと思います。

■Oracle Database 10g Express Edition
http://www.oracle.com/technology/software/products/database/xe/index.html

■import jp.武田ソフト.ブログ._「RapidなOracle XEに感激」
http://blog.takeda-soft.jp/blog/show/144

2008年05月13日

MSDEが開始できないとき

以前、MSDEが開始できないときの記事を書きました。

1つお客様との対応の中で発見したことがありましたので、アップしようと思った次第です。

SQL Serverはデータベースファイルが圧縮状態にあるとうまく動作しないようで、フォルダを開いて青い色のファイル名になっているときにMSDEが開始できなかったり、SQL Serverが開始できなかったりします。

圧縮ファイルに対応できないのがなぜなのかはわかりませんが、そうであればメッセージにも「圧縮状態にある場合は正常にサクセスできません」などと教えて欲しいものです。

2008年01月22日

SQL Server2008 新機能

データベースは、3Dとは縁のないものだと思っていましたが、今では空間座標も処理してくれるそうで・・・・・・SQL Serverに限らず、Oracleとかも機能が実装されているみたいです。
時代は進みましたね・・・・・・というか、新機能を使ってみたい!

□Itmedia「マイクロソフト、SQL Server 2008に搭載される新機能を発表」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0801/15/news139.html

2008年01月09日

MSDE2000のインストーラ起動エラー

お客様先でMSDE2000を無事インストールしたあと、翌日にパソコンを起動すると、インストーラが起動し、下記のようなエラーが発生すると連絡がありました。

タイトル:Microsoft SQL Server Desktop Engine
アイコン:黄色い△に!
メッセージ:現在 SA パスワードがブランクであることを検出しました。
sp_passwordを使用して強力なパスワードを設定するか、BLANKSAPWD=1を設定してこの脆弱性を無視してください。詳細についてはReadmeを参照してください。セットアップを終了します。
ボタン:OK

さてこの問題、どうやったら解決できるのでしょうか。

MSDE2000のインストーラ起動エラーの続きを読む

2007年12月26日

MSDEが開始されない(……というかすぐ停止する)

MSDEのサービスマネージャからSQL Serverサービスを開始しようとすると、すぐに停止します。
コンピュータの管理からサービスを開始しようとすると、「~~開始して終了しました。他に必要なサービスが動作していないと~~うんぬん」と表示されます。
エラーログを見ると以下のようなエラーが発生しているようです。

-------------------
データベース 'master' の開始中。
エラー:9003、レベル:20、状態:1
masterデータベースを復元できません。終了します。
-------------------

「原因を探れ!」とお客様に言われましたが、なぜmasterが開始できないのかわかりません。

MSDEが開始されない(……というかすぐ停止する)の続きを読む

2007年11月19日

SQL Server 2005 Express EditionはMSDE2000と比べて速いのか?

SQL Server2005 Express EditionはMSDE2000と比べて速くなったのか、誰もが疑問に思うところです。

実際、「ワークロードガバナ」といわれる9接続以上の接続の場合、劇的にパフォーマンスを下げる機能がなくなったため、イメージ的には速くなったように感じます。
ところが、実際に使ってみるとDBオープン時の処理が遅くなっていたり、少ない接続数では体感できるほど早くなっていません。

下記の資料を見ると、MSDE2000の方が優れている点があり、それは速度に影響する項目です。
1つは「サポートするCPUの数」、もう1つは「最大メモリ」です。
「サポートするCPUの数」は「2→1」に減っており、「最大メモリ」は「2GB→1GB」に減っています。

これを見る限り、WindowsVistaかWindowsServer(Longhorn)でもない限りは載せかえるメリットがあるとは思えません。
UIはまったく変わらないので、セキュリティ面さえ考慮されていれば移行はスムーズに行くかと思いますが、使えているシステムは特別載せかえる必要もないと思います。

■資料 Microsoft(WORD文書)
MSDE 2000 から SQL Server 2005 Express へのアップグレード

2007年11月09日

SQL Serverのアップグレード

うちのソフトはMSDE Ver7、MSDE2000、SQL Server 2005 Expressで動作するように設計されています。
どのバージョンでもインスタンスがインストールされていれば動作します(MSDE Ver7は除きます)

ソフト同士でデータベースをやりとりすることがあり、そんなときにはMSDEのバージョンが問題になります。

MSDE Ver7→MSDE2000や、MSDE2000→SQL Server 2005は、BACKUP&RESTOREコマンドで移動可能です。

でも、SQL Server 2005→MSDE2000や、MSDE2000→MSDE Ver7などのようにダウングレードの場合、いろいろなエラーが出てデータベースは読み込めません。
システムを開発している会社からすれば、当たり前で説明済みですが、お客様はそんなことを覚えていませんのでどうにかしろとの要求をしてきます。

そんなときには少し時間をとりますが、次の手順がよいようです。

SQL Serverのアップグレードの続きを読む

2007年10月15日

SQL ServerとMDBの違い

「SQL Serverは高くて、MDB(MS Access)は安い」
単純に考えると「違い」と言えばそうなりますが、SQLServer2005 ExpressEdition(以下MSDE2005)などを考えると値段の違いというのは、あまりないような気がします。

SQL ServerとMDBの違いの続きを読む

2007年09月10日

SQL Server 2005は有効に動作してるの?

SQL Server 2005 Express Editionをインストール後、有効に動作しているかどうかはプログラムを動作させてみるまで分からない。
運よくお客様先にMS Accessなど入っていれば、確認の取りようはたくさんあるのだけど、入っている方が少ない。

そんなときにオススメの確認手段があります!

SQL Server 2005は有効に動作してるの?の続きを読む

2007年08月22日

このブログの人気コンテンツ

このブログの人気コンテンツは、意外にも「宿敵SQLサーバー」です。

みなさん、どんだけコイツに苦しめられているかと思うと非常に同情いたします。
私もコイツのせいで1週間以上も原因究明に踊らされたり、ウィルス対策ソフトとの相性をチェックさせられたり、何度あったことかわかりません。

最近ではお隣の韓国からもアクセスがある人気ぶり。

今後もSQLサーバーに関する情報があったら書いていくつもりです。

そういえば、この秋にSQLサーバー2007がでます。
うちの会社はVistaで動作している限り安泰ですが、今後2年後に新しいWindowsのバージョンが出ることを思うと、いつ使えなくなるかわかったものではありません。

ハードウェアは「レガシーフリー」ではないのに、ソフトウェアはなぜ「レガシーフリー」なんでしょうか。
お金がないところは別としてもMicrosoftのようにソフトウェアをメンテナンスできるところは、しっかりとバージョンアップして対応してほしいものです。
……それをやるとSIの商売上がったりでしょうが。

2007年08月10日

SQL Server 2005 インストール時のエラーログ

SQL Server 2005 Express Editionがインストールできない場合、SQL Server 2005 セットアップ ログ ファイルを表示する方法を見ればログが分かります。

ログには「Microsoft SQL Server 2005をインストールするにはCOM+が機能する必要があります」のようなエラー内容が書かれています。

以前より断然分かりやすくなりました。

上記のエラーは
%windir%\registration ディレクトリのアクセス制御リストのデフォルトのアクセス許可を変更したシステムに COM+ および MS DTC 用のマイクロソフト セキュリティ情報 MS05-051 の重要な更新プログラムをインストールした後、さまざまな問題が発生することがある
が関係してそうですね。

2007年08月02日

SQL Server 2005 Express Edtionのアンインストール方法

①SQL Server 2005 Express Edtionをアンインストール
②SQL Server Native Clientをアンインストール
③パソコンを再起動

……この手順以外で行うと、SQL Server 2005 Express Editionが再インストールできなくなるようです。

2007年07月11日

MSDE2000がインストールできません。

うちのコールセンターにかかってくる問い合わせの中でも結構多い問い合わせです。

続きをどぞ。

MSDE2000がインストールできません。の続きを読む

2007年07月10日

アンインストールできないSQL Server 2005 Express Edition (MSDE2005)

 働いている会社のパッケージがWindowsVistaに対応するためにMSDE2000からMSDE2005にアップすることになりました。
 MSDEは一度インストールしたらアンインストールは必要ないのですが、そんなことを知らないお客様はバージョンアップ版が届くと、いそいそとMSDEをアンインストールしてしまう人もいます。
 MSDE2000の時は救済処置方法があり、アンインストールしてしまったら、フォルダを削除してからデータベースを復旧(sp_attach_db)を行えばよかったのですが、MSDE2005はそうも行かないみたいです。

 MSDE2005にはアンインストール手順なるものが存在し、MSDE2005をインストール後に出来るプログラムの追加と削除の項目を順序良くアンインストールしないと、2回目のインストールができなくなります。
 当然、フォルダやレジストリを削除すればインストールできるみたいですが、これは困ったことになりました。
 MSDEってどうして一般ユーザーの取り扱いが簡単になるように出来ていないんでしょうか・・・

2006年12月25日

憎き WindowsVISTA

MSDE2000と仲良くなって、ほんの少ししか経っていないのに、WindowsVISTAではMSDE2000は動作しない様子。

SQL Server Express Edition(MSDE2005)の導入は間違いなさそうです・・・

MSDE2005はセンシティブでないことを祈ります^^;

2006年12月19日

4年間のライバル

4年間ライバルとして存在してきた宿敵「SQL Server」。
それもMSDEと呼ばれるグレードの低いものを当社のソフトウェアでは使っています(MSDEの方がパッケージでは主流です)

このMSDEはVer7とVer8を主に使っていますが、なにぶんセンシティブ・・・ちょー敏感なお方でして、ちょっとネットワーク環境が気に入らないものなら動いてくれません。

MSDEを使ったパッケージを発売して以来、4年間はライバル関係を気づいています。

最近ではT-SQLと呼ばれるSQL文をマスターしたので、時には強引に設定を変更させちゃったり、開発の力を借りなくてもデータを取り出したりと仲良くなってきています。

そんなライバルとの戦いの日々を書いていけたらと思って、カテゴリ化しました^^;