バージョン管理

 小説を書いていると、書いたり消したりして試行錯誤を繰り返しますが、一応今書いているルートはとっておいて別のルートも書いてみたりしたいときに、非常に困ります。

 そこでここではバージョン管理システムとして視覚的にもわかりやすいgit+SourceTree?を使ってみましょう。

gitとは

 gitとは分散型のバージョン管理システムです。
 作業中の端末にサーバー上のデータ(repo)の複製(clone)を作成し、そこに対して変更を追加(commit)して執筆します。
 追加したバージョンはすべて差分管理されており、いつでも過去のバージョンを呼び出したり、別のバージョン(branch)を呼び出したりすることができます。

Bitbucketのススメ

 
 gitと言えばgithubですが、他の人から見れないプライベートリポジトリは有料になってしまいます。
 ここではプライベートレポジトリも無料のBitbucketというサービスを使っていきます。

SourceTree?とは

 gitは本来コマンドラインで操作するものですが、それをGUIで視覚的にわかりやすくしたものが、SourceTree?です。
 これのいいところは、派生したバージョン(branch)の管理が視覚的になる点です。
 なくても問題ないといえば問題ないですが、あったほうが断然いいでしょう。

別ルートの作成(branch)

 

執筆するbranchの変更

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-24 (水) 15:35:49 (460d)