宗教がリアリティを醸成させる

 ライトノベルの舞台として多く使われるファンタジー世界では、宗教が何らかの役割を持っています。例えば、対立する組織だったり、主人公の守るべき矜持だったり、あるいは魔法を教える学校であったりします。
 ファンタジー世界では、その世界観を構成する上で重要な役割を果たしていることが多く、また現実世界でも宗教というのは、人間を深く掘り下げた上の原点であったり、答えられない(科学では解明されていない)問題の答えを持っていたり、世界を構成する上で欠かせないものとなっています。

 世界観にあった宗教を作ることで、ファンタジー世界は非常にリアリティのあるものになり、キャラクターは迷うことなく動くようになっていきます。

 また宗教とは己の信じる正義であり、「悪」ではありません。
 主人公と敵対する宗教も単純な「悪」として書くのではなく、背景にある「正義」を感じさせる書き方が必要になります。

宗教に関してはこれを読むと良く分かる

 本物の神職の方が真女神転生の世界観を舞台にTRPG風に物語を進めていく掲示板があります。
 ちょっと長いのですが、信仰とは何なのか、神とは何なのかを分かりやすく(楽しく)学べます。

できる夫の相棒は全知全能なようです。

宗教の分類

一神教と多神教

 一般的に一神教と多神教では、大きく異なると思われがちです。特に一神教の急先鋒であるイスラム教のイメージで見ると、他の神を排除するために戦いを起こしているとイメージする方も少なくないでしょう。
 ただし、その組成を見ると、一神教と多神教では似ている部分が数多くあります。

 例えばキリスト教・ユダヤ教・イスラム教の神(神聖4文字)は、シナイ山の信仰から生まれた神が周辺の対立する神の能力(信仰)を奪いながら、現在の神の形になっています。ベル系の悪魔(バベル・ヘルデル・ベルゼブブなど)は元々はソロモン教の神様ですが、対立に敗北し、悪魔となって、その能力や信仰は神聖4文字の神に吸収されてしまっています。
 キリスト教は、ユダヤ教をベースにしていますが、ミトラ教やゾロアスター教などの要素も取り入れられており、大元をたどれば自然信仰の神をベースとしています。
(この辺が「アニミズム(精霊信仰)」が原始的といわれる要因かと思います)
 特にキリスト教は、他の宗教の神を悪魔、天使、聖人などとして取り込んでおり、一神教と言うよりは多神教の性格も持ち合わせています。
 一神教は、他の宗教の信仰を唯一神に同化させるか、または配下にさせるかして取り込んでいるのです(あまりに強い信仰がある他の宗教の神は、悪魔化して信仰を禁じるなどの強硬手段を取ることもあるようです)

 日本神道やインド仏教に代表されるような多神教の場合は、他の宗教の神も神々の体系の中に取り込んでおり、神様ごと他の宗教の信仰を取り込んでいます。

 基本的に宗教の歴史は他の宗教との対立と融合の歴史であり、現在の形がどうあれ、その組成は非常に良く似ているのです。

真女神転生に見るLAWとCHAOS

 真女神転生における「LAW」というのは「一神教」のことであり、「CHAOS」というのは「多神教」のことです。
「LAW」は弱者救済は強者の義務であり、弱者を守るために法(LAW)があります。それに対して「CHAOS」とは強者こそ法であり、弱者は強者に付き従う義務があります。
 この2つは相容れない存在であり、武力衝突が絶えない原因でもあります。

 世界観に合った宗教を作る場合、真女神転生の分類を参考にするとはっきりとした対立が作れて、よりキャラクターが動きやすくなります。

現代の代表的な宗教

  • キリスト教
  • イスラム教
  • ヒンドゥ教
  • 仏教
    • 大乗仏教
      • 元々仏教は肉食を禁止していなかったが、龍樹が肉食を禁止した。その際に釈迦の死因が豚肉による食中毒からキノコによる食中毒へ変更されている。
  • 神道
  • 儒教
    • 元々は宗教じゃないですが、現在は寺院があり、祭られている偉人がいます(関羽とかは中華街に像があり有名です)
  • バリ・ヒンドゥ

古代の宗教

  • ミトラ教
  • ゾロアスター教
  • ケルト
  • ジャイナ教
    • すべての殺生を禁止しており、食を立つことによる自死が最上とされた宗教。仏教に大きな影響を与えている。

日本の古代宗教

 日本では古代に独自の宗教が多く生み出されたと考えられており、今に残る資料(風土記や古事記など)にもその痕跡を見て取れる。

  • 熊野
    • 山伏で有名になるより以前から大きな力を持っており、古い神名帳では第一番目に記載されている。山岳信仰。
  • 出雲
    • 現在の神名帳で第一番目に記載されている。龍神信仰。
  • 諏訪
    • 出雲と敵対し、諏訪に封じられた。まだ関東・東北が大和王権の支配下にないころ、アイヌを抑えるためと考えられている。大神(狼)信仰。ゆえに狛犬ではなく、そのポジションには狼がいる。
  • 稲荷
    • 稲荷信仰。
  • 白山
    • 白山信仰。
  • アイヌ
    • アイヌは様々な勢力(宗教)にわかれていたと思われるが、大和王権との争いに敗れて蝦夷(東北を含む)に逃れていくことになる。習合して今のアイヌ神話ができたと考えられる。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-15 (月) 23:14:00 (653d)