2009年11月 ライトノベル新人賞の締切日+途中経過の発表日時

★出展 http://www.tctv.ne.jp/smasu/koramu.htm

1 電撃大賞

応募の締切日(04月10日)途中結果の発表場所は、電撃の雑誌+公式HP

応募総数発表(06月10日)電撃hp06月号で発表 長編2200前後+短編1300前後

一次通過発表(07月10日)電撃缶詰(文庫のチラシ)通過数 300前後

二次通過発表(08月10日)電撃hp08月号で発表 通過数 100前後

三次通過発表(09月10日)電撃缶詰(文庫のチラシ)通過数 030前後

四次通過発表(09月10日)電撃缶詰(文庫のチラシ)通過数 010前後

最終結果発表(10月10日)電撃hp10月号で発表 大賞決定
備考

一 ライトノベル界の最大手(他の新人賞よりも、受賞作品の初版部数が多い)

二 途中経過の素早い発表+審査時間の短さ+評価シートの導入で、応募数を増やしてきた

三 電撃大賞内に、メディアワークス文庫賞を新設(この賞を受賞すると、ハードカバーでデビューする  と予想される)

2 富士見ファンタジー文庫

応募の締切日(08月31日)途中結果の発表場所は、月刊誌『ドラゴンマガジン』+公式HP

応募総数発表(700前後)

一次通過発表(11月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』1月号で発表 通過数120前後

二次通過発表(01月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』3月号で発表 通過数 50前後

三次通過発表(03月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』5月号で発表 通過数 30前後  

最終結果発表(03月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』5月号で発表 大賞決定
備考

一 月刊誌『ドラゴンマガジン』が、隔月(奇数月)に変更(途中経過を発表するようになった)

二 一次通過者の発表をするようになった+評価シートを導入することにした

  それだけ応募数が減っていたんだろうな……(来年は増えるのかな?)

3 ネクストファンタジー大賞

応募の締切日(03月31日)途中結果の発表場所は、月刊誌『ドラゴンマガジン』+公式HP
応募総数発表(400前後)

一次通過発表(06月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』08月号で発表 通過数120前後

二次通過発表(06月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』08月号で発表 通過数 50前後

三次通過発表(07月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』10月号で発表 通過数 30前後  

最終結果発表(07月20日)雑誌『ドラゴンマガジン』10月号で発表 大賞決定
備考

一 富士見ミステリー大賞と入れ替わりで、誕生した賞

4 スニーカー大賞

応募の締切日(10月01日)途中結果の発表場所は、雑誌『ザ・スニーカー』

応募総数発表(12月30日)雑誌『ザ・スニーカー』02月号で発表 応募数 750前後

一次通過発表(02月28日)雑誌『ザ・スニーカー』04月号で発表 通過数 050前後

二次通過発表(04月30日)雑誌『ザ・スニーカー』06月号で発表 通過数 010前後

三次通過発表(04月30日)雑誌『ザ・スニーカー』06月号で発表 通過数 005前後

最終結果発表(06月30日)雑誌『ザ・スニーカー』08月号で発表 大賞決定
備考

一 隔月雑誌『ザ・スニーカー』を発行している大手

二 ライトノベルの新人賞としては、最高の300万円

5 角川学園大賞

応募の締切日(05月31日)途中結果の発表場所は、雑誌『ザ・スニーカー』

応募総数発表(08月30日)雑誌『ザ・スニーカー』10月号で発表 応募数 650前後

一次通過発表(08月30日)雑誌『ザ・スニーカー』10月号で発表 通過数 ×××前後

二次通過発表(08月30日)雑誌『ザ・スニーカー』10月号で発表 通過数 025前後

三次通過発表(10月30日)雑誌『ザ・スニーカー』12月号で発表 通過数 005前後

最終結果発表(12月30日)雑誌『ザ・スニーカー』02月号で発表 大賞決定
備考

一 締め切り日が頻繁に変わる

6 えんため大賞 

応募の締切日(04月31日)

応募総数発表(06月20日)公式HPで応募数を発表 600前後 

一次通過発表(06月20日)公式HPで発表 通過数 250前後

二次通過発表(07月10日)公式HPで発表 通過数 015前後

三次通過発表(07月25日)公式HPで発表 通過数 005前後

最終結果発表(08月10日)公式HPで発表 大賞決定
備考

一 レーベルの主力は、ゲームのノベライズ作品(受賞者にノベライズの仕事を回したりはしない)

二 エンターブレイン(本社)が角川グループに入って統廃合されるという噂がある

7 スーパーダッシュ文庫(SD文庫)

応募の締切日(10月25日)

応募総数発表(12月15日)公式HPで応募数を発表 800前後 

一次通過発表(12月25日)公式HPで発表 通過数 150前後

二次通過発表(01月15日)公式HPで発表 通過数 050前後

三次通過発表(02月01日)公式HPで発表 通過数 015前後

四次通過発表(02月15日)公式HPで発表 通過数 005前後

最終結果発表(04月25日)公式HPで発表 大賞決定
備考

一 途中経過の発表+審査時間の短さ+評価シートの導入で、近年投稿数を増やしている

8 ジャンプ小説新人賞

応募の締切日(年三回)

一次募集締切(03月31日) 公式HPで発表 

応募総数発表(06月10日)    200前後

一次通過発表(06月10日) 通過数 30前後

二次通過発表(06月20日) 通過数 15前後

三次通過発表(07月10日) 通過数 05前後

  結果発表(07月25日)
備考

一 2008年からリニューアルされて、年三回締め切りがある

二 短編賞(毎回テーマが決められている)があるのが特徴

9 メディアファクトリー(MF)文庫J

応募数200前後(四回合計で、1000前後)

一次募集締切日 06月30日 一次募集の結果発表 10月25日

二次募集締切日 09月30日 二次募集の結果発表 01月25日

三次募集締切日 12月31日 三次募集の結果発表 04月25日 

四次募集締切日 03月31日 四次募集の結果発表 07月25日

最優秀賞発表  08月25日
選考の大まかな予定

一 応募作を受領したというメールは、締め切り日の二週間〜三週間後に届く(時期によって、前後する)

二 一次通過をメールで連絡する(HPでメールを発想したと、発表している)
備考

一  新人賞の形態が特殊(年四回)で、発表が早い

二  応募者全員に評価シートを返している(これをやっているために、レーベル規模では投稿者が多い)

10 小学館ガガガ文庫

応募の締切日(09月30日)途中結果の発表場所は、公式HP

応募総数発表(10月20日)公式HPで発表(0600前後) 

一次通過発表(12月10日)公式HPで発表(0100前後)

二次通過発表(01月20日)公式HPで発表(0010前後)

最終結果発表(04月20日)公式HPで発表
備考

一 大賞賞金200万(ライトノベルでは、第二位)

二 素早い結果発表や受領ハガキを出すなどして、応募者を集めようとしている

三 短編賞が廃止される

11 HJ文庫

応募の締切日(10月30日) 途中結果の発表場所は、公式HP

応募総数発表(12月01日) 公式HPで発表(350前後)

一次通過発表(01月10日) 公式HPで発表(040前後)

二次通過発表(01月30日) 公式HPで発表(010前後)

三次通過発表(02月15日) 公式HPで発表(005前後)

最終結果発表(02月15日)
備考

一 2008年度の募集からは、評価シートが導入される

12 GA文庫大賞

前期・長編

応募の締切日(07月30日) 公式HPで発表(280前後)

一次通過発表(10月01日) 公式HPで発表(075前後)

二次通過発表(11月01日) 公式HPで発表(025前後)

三次通過発表(12月01日) 公式HPで発表(015前後)

最終結果発表(12月01日) 公式HPで発表(005前後)
備考

一 長編部門と短編部門の締切日が違うので、覚えにくいかと

三 希望者には、評価シートを送りつける(新規参入レーベルは、チェックシートが標準装備になった)

13 C☆NOVERS大賞

応募の締切日(10月30日)

応募総数発表(11月20日) 公式HPで発表(200前後)

一次通過発表(12月10日) 公式HPで発表(050前後)

二次通過発表(02月28日) 公式HPで発表(010前後)

最終結果発表(03月30日) 

13 おまけ (2009年11月)

一 途中経過の発表日時は、去年と昨年を参考にしています(間違いを教えてくれると助かります)

二 最大手の電撃文庫が評価シートを導入した結果、他のレーベルも評価シートを導入するようになりました

三 富士見ミステリー大賞が終了→ネクストファンタジア大賞が新設(富士見ファンタジーの復活はあるのか?)

四 コーエーと一迅社が、ライトノベルに参入する(漫画と違って雑誌を立ち上げなくていいから楽なのだろう)

五 2008年度の新人賞の応募者ランキング(某所からの転載+加筆修正)

 ‥天睚幻法   2849 (短編1753)

◆MF       957

 ガガガ文庫   803

ぁSD       799

ァ”抻慮     738

Αヽ兩邀惘狢臂沺 652

А.好法璽大賞  609

─.献礇鵐彎説  637(長編のみ)

 GA       611(短編159)

 ファミ通    591

 ネクスト    427

 HJ       361

C☆NOVERS    254

 一迅      221

○ 上の数値は、レーベル規模(知名度・売り上げ数)

○ 途中経過発表の有無(途中経過を発表していないところは、1〜2割減?)

○ 評価シートの有無(導入で2〜3割アップ)

○ その他(前後にある賞など)の関係で、応募者数は決まるのだろう

この数値は、レーベルの期待度(将来性)なのかもしれないな
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-09 (水) 17:00:47 (2841d)